指導者の紹介
常任指揮者

山本啓之





1987年佐賀大学入学と共に合唱音楽に出会い、89年に同大学を率いコンクール全国大会にて銅賞受賞。 91年にMODOKIを結成しコンクール全国大会には昨年まで17回出場し8回金賞受賞。2015、16年には部門一位にあたる文部科学大臣奨励賞を受賞している。2016年には香川県において女声合唱団monossoを指揮、同団をコンクール全国大会銀賞に導く。
2017年8月より香川二期会合唱団の指揮者に就任。

2006年度には合唱連盟九州支部より指揮者特別表彰、2007年には佐賀県合唱連盟より特別表彰を受賞、同時に佐賀県芸術文化賞を合唱団と共に受賞している。現在は客演指揮や審査員、講師として活動の場を広げている。香川県合唱連盟理事
2017年11月26日(日)に行われた第70回全日本合唱コンクール全国大会において、一般部門の同声合唱の部でmonosso(香川県)が金賞及び豊島区長賞(2位相当)を、混声合唱の部でMODOKI(佐賀県)が金賞を受賞。

ピアニスト

上枝景子
 武蔵野音楽大学音楽)器楽学科ピアノ専攻卒業。
 香川正人、中村久美子、金澤和孝、澤田勝行、エルジェーベト・トゥーシャの諸氏に師事。
第45・59・77回四国村異人館コンサートにピアノソロで出演。
 高松交響楽団、コレギウム・ムジクム高松、オーケストラ・コン・アミーコ、香川芸術祭20世紀アンサンブルとピアノ協奏曲を共演。
 ’01年、’02年、’07年東京にて青い花の会ジョイントリサイタルに出演。
 ’05年、岡山・高松にてピアノデュオリサイタルを開催。
 現在、高松交響楽団団員。
 香川二期会合唱団の第31回定期演奏会(1998年)以来、専属ピアニスト。